alone in the night

Busy by day, empty by night.

続・携帯が壊れた

最初に結論。iPhoneが壊れたのはソフトウェア障害だった。以下は9月8日(金)の出来事。

 

それを知らずにとりあえず、パソコンのない実家に帰りアップルサポートセンターに電話をかけるとパソコンを使って直せるかもしれないと言われた。それならパソコンのある自宅にいればよかった。

なぜ公式サイトでそういうのを調べなかったんだろう。調べたのはクソみたいな個人のサイトばかりで、再起動してみようだとかそんなちんけなことしか書いていなかった。再起動できてたら何も問題じゃない。

自分の浅はかさに腹が立った。

 

もう一度電話して、アップルストアに行くんでそれでもいいですか、と聞いたら同じことをするんでいいですよ、と言われ心斎橋まではるばる向かった。

 

人気のなさそうな入口からエレベーターを使って2階へあがるとやれやれまたかといった表情のスタッフが

「アップルのお客様ですかあ?ここ、従業員専用なんですよねえ」

とけだるそうに言ってきた。

 

STAFF ONLY と入口に書いておけ!!!!!

 

あと、エレベーターを待っているどう見ても従業員ではない私の後ろを通り過ぎたクソスタッフにも後から腹が立ってきた。

 

しかもアップルストアは予約制だそうで、ドコモショップの店員からもサポートセンターのオペレーターからも一切の説明がなかった私は呆れて物も言えなくなった。

 

これも私が確認しなかったから悪いんだろうか。そこまで確認する癖がないと今後私は無駄な時間を費やし無駄な手間ばかりかけるバカみたいなクソ人生を歩むのだろうか。いやもう歩んでるけど。本当に周りに腹が立つとともに自分が情けなくなった。

 

幸い30分程度で見てもらえることができ、PCをつかって難なくiPhoneは復旧した。ソフトウェア障害は二度と起きないような改善をしてほしい。購入して1年経ってないとかは関係ないようで、だから仕方ないんだろうけど誰一人として謝ってくれなかったことも悪い意味で印象に残った。

 

これで折角の夏季休暇をつぶしてしまった。元々私は悪くないのに、無知と無能なせいで本当に残念なことになってしまった。