読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alone in the night

主に仕事に失敗した内容を書いておくブログ。時々メンヘラ。

器量の悪さ、空気の読めなさ

今月から社会人になった。大学のとき住んでいた市より物価が高く不便で、なおかつ面白味のないつまらない市に来た。だが暇な時間もあった大学生の時と違い遊ぶことは頭には入っておらず基本的には会社とアパートの往復、時々スーパーという感覚なので、これでいいのかもしれない。

懐かしくてたまらないけど思い出は心の片隅の引き出しにいれて、今の環境を受容しなければいけない。大学生のころだって嫌なこといっぱいあったじゃん。しのうとしたことあったじゃん。あの頃に戻りたいわけじゃないからまだましなんだと思う。

 

とにかく仕事がとっても難しそうなのだ。今はまだ研修中で、各部署の見学をして説明を受けているだけだが、できそうにない。もうこわい。

 

今日から製造部の研修が始まった。作業着を用意する必要があるため事前に服のサイズを聞かれ、Lと言えばいいのにMと答えてしまった。案の定下半身がパツパツ、下着のラインが見えるひどい格好で研修を受ける羽目になった。それはともに研修を受けた同期の女子も同様だった。

昼に総務に作業着のサイズを変えるもらうよう頼み、3時ごろ製造部の人からLサイズのそれをいただき、今日着たMサイズのそれは洗濯して返すように言われた。

 

どこに返せばいいかわからず、帰りに製造部の各エリアを回りながら説明してくれた上長に事情を説明してどこに返せばよいか聞いた。とりあえずここ(製造部のオフィス)に、と言われた。

 

これの何が悪いか。

1.作業着の詳細(ユニセックスorレディース)を聞いておくべきだった

作業着にメンズレディースの区別があるかどうかを聞いておけばMだなんて言わなかった。これは完全に自分の確認不足である。それに、ほとんどのメーカーで服のサイズがLなんだから...

2.同じ境遇の同期女子へのデリカシーのなさと恥知らず加減

大体帰り際にオフィスに返し、返却場所を指定されたらそのときに動けばいいのに、製造部の上長に今日来た作業着がサイズ合わなくて大きいサイズもらったんですけど小さいサイズの作業着どこに返せばいいですか~なんていきなり人前できく私は同期の人へのデリカシーに欠けていた。

 

さらにその人には名字で呼ばれており、明らかに仕事上の付き合いの人という意思表示がなされているのに今日私はプライベートに踏み込むようななれなれしい言動をして少し引かれてしまった。

なんとなくいままで友達が出来なかった理由が分かった気がする。他にも要因はいっぱいあるけど。